看護師転職 成功

看護師転職の成功@活動の幅を広げるには?

 

看護師転職を成功させるには、現状の悩みを把握して・それらをできるだけ解消できる職場を見つけることが大切になってきます。そういう職場を探すには、ハローワークなどでも探せますが、やはり知り合いの紹介や看護師人材紹介サービスを利用した方が、より濃い情報を得ることができます。

 

また、看護師の活躍の場ですが、調べてみると結構見つかります。もちろん、待遇がよい職場に就くのも大切ですが、今後のキャリアアップを考えたり・自分のやりがいのある職場を見つける手段として、知っておくべき情報だと感じていますのでご紹介していきます。

 

こちらの看護師求人転職サイトでは、実際に転職先を探す際に待遇のいい職場を見つけるための情報が詰まっていますので、下記の情報と併せてご覧ください。

 

 

大学病院

こちらは人気の職場ではないでしょうか?大学病院というだけあって、教育体制もとても充実してますし、今後のキャリアアップを考えるならおすすめの職場だと感じています。知り合いで大学病院に通っている人がいればご存知かもしれませんが、一般の病院よりも重病な患者さんなどが集まる病院ですので、非常に貴重な経験が得られると評判になっています。
ここで、採用の時期などをチェックしてみますと、主に4月となっており・年に1回だけの採用となっているところが多い状況です。また、1度に採用する人数が多いらしく・新卒だけでなく中途採用も自然と多くなります。そんななか、経験3年目以内の若手看護師さんが多いという現状もあります。
また入職前には、説明会やインターンシップなども用意されていますので、ご自身にあった職場かどうか事前に調べておくことができます。

 

各地域にある中核病院

上記の大学病院では、かなり重度な患者さんの対応に当たりますが、もう少し緊急具合や重度ではない患者さんを受け入れてる病院ですので、幅広く患者さんが集まります。このように幅広く患者さんが集まりますので、採血や点滴など看護師さんがやるお仕事も多いと言われています。
こちらで働くメリットとしては、複数の診療科で経験を積むことができますので、希望の仕事が見つかりやすいという点が挙げられます。また、人間関係で悩んだ時に、他の診療科に移動するといった手段もあります。
また給料面を見ていきますと、中小の病院よりも、大規模病院の方が給料が高い傾向にあるようです。

 

 

地域に密着した一般病院

地域にもよりますが、一般の病院の数は多いと感じているこの頃です。こちらの病院では、重度な症状かどうかチェックするような一時的な対応、重度ではない患者さんの診査・治療などを行っていきます。多くの地域住民が気軽に通える病院というイメージでもいいかもしれません。
また、健康診断や人間ドック、生活習慣病の対応など、地域住民の健康に配慮した点にも力を入れているのが特徴です。忙しい病院と比較すると、複数の患者さんに対応するというよりは、1人1人の患者さんとの時間が長くなる傾向があります。
ただこのような中小規模の病院では看護師不足に直面しているところが多く、休みがとりにくいという現状があるようです。

 

療養型病院

患者さんの回転が早い救急性の高い病院と比較すると、忙しくはないということで、この療養型病院へ転職してくるベテランの看護師さんが多く在席しているのが特徴になります。また、高齢の患者さんが多いのも特徴なようです。キャリアを考えるのならあまり適さないような印象をうけます。結婚や妊娠をしていても、働ける職場かもしれません。

 

 

精神病院

精神科とは、症状の裏にある原因を把握することが大切になりますので、経験が重要になってくるお仕事ではないでしょうか?また、急性期なのか慢性期の病院なのかによって、忙しさは変わっくるようです。もちろん急性期の病院はかなり忙しいようです。また精神科に通う患者さんは繰り返し入院するケースが高いようで、コミュニケーション力。観察力などが重要となってくる職場です。

 

 

診療所・個人病院

歯医者さんや先生が1人で診察している状況を思い描くと分かりやすいかもしれませんね。こういう職場で働く場合は、院長のやり方についていけるかが重要となってきます。合わなければまたすぐ転職する人もおおいようですし、そのやり方が合う人は、長く務めるケースもあるようです。
ただ病院などのように夜勤などはありませんので、規則正しい生活を送ることができます。

 

 

介護施設

高齢化社会が進むにつれて、ますます介護施設は増えてきますので、より看護師不足が深刻化している状況です。ここでのお仕事の特徴は、病院と比較すると日常おこなう処置は少なく・主に健康管理やコミュニケーションによるサポートが主なお仕事になってきます。また、看護師は少なく・主に介護職の人が多いのが特徴です。

 

訪問看護ステーション

今後ますます需要が高まっている職場になります。病院から在宅へという国の方針もあって、在宅医療が広がりを見せています。このような状況下で利用者は増えているものの、看護師さんは不足しているという状況です。なぜ不足しているのかといいますと、1人で患者さんの自宅へ訪問することとなりますので、不安を感じる看護師さんが多いという事情が挙げられます。ただこれは誤解のようで、判断に迷うことがあれば、主治医に報告することもできます。ある意味、いろんな経験が得られるかもしれません。また給料面などでも問題があるようです。

 

 

保健所

保健所と聞いて、どこにあるの?と疑問をもつ方もいらっしゃるかと思いますが、各都道府県や政令指定都市、中核都市、特別区などに設置されています。病院などでは主に患者さんの治療が主なお仕事となりますが、保健所では病気にならないように予防するのがメインのお仕事になってきます。
具体的には、健康診断業務・保健指導・予防接種、窓口での相談などがありますが、保健所によってお仕事の幅は異なってくるようです。また保健所によっては、公務員待遇にしているところもありますので、好待遇のところもあるようです。

 

 

企業・会社

看護師の資格をもっていると、製薬会社や医療機器メーカー、企業の医務室で働くようなイメージがありますが、最近では医療分野に関心をもつ企業が増えているため、ますます看護師さんが活躍できる場が増えているようです。